車の役立つ知恵

クーラーを使用して出来るだけ燃費を軽減する方法

今は暑い夏の時期なので、車を運転するにもクーラーを使用する機会が増える事と思います。
しかし、クーラーを使用すると、やはり気になるのがガソリンの燃費です。特に今はガソリン代高騰の時代なので、頭を悩ます方も多いのではないでしょうか。
そんな時に、たとえ少しでも燃費を軽減する方法があると聞いたので、ここに紹介したいと思います。

 

まず、車に乗る前に10〜20分ほど全てのドアを開けておいて、中にこもった熱い空気を逃がします。車内の温度が異常に上がった状態でクーラーを入れても効かないし、早く冷やそうとして温度を下げればそれだけ燃費がかかってしまいます。
発車してもすぐにはクーラーのスイッチを入れず、しばらくは窓を開けるなどして外の風が車内に流れるようにします。

 

水温計を確認して、いつもの位置に水温が上がったところで全部の窓を閉めてクーラーのスイッチを入れます。水温計が上がっていない状態でクーラーを使用すると、結局は水温計が上がるまでは暖かい空気しか出てこないし、エンジンの回転も上がってしまうそうです。
以上の方法で使用すれば、たとえ少しでもガソリンの燃費を軽減する事が出来ます。特に車に乗る前に少しでも車内の温度を下げておくと、それだけでもガソリンの消費を防ぐ事が出来る様なので、一度試してみてはいかがでしょうか。

究極のエコカー

エコカーと言えばハイブリッド車、電気自動車などが思い浮かびますが、次世代自動車として期待されているものの中に燃料電池車というものがあります。
水素を燃料にしたもので、空気中の酸素と反応して発電することで車を走らせます。
理科の授業で水の電気分解の実験をしたこと、覚えている人も多いでしょう。

 

あれは「水」に「電気」を与えることで水が「水素」と「酸素」に分かれるという実験です。
そして燃料電池車はその逆を利用しているのです。「水素」と「酸素」を反応させることで「電気」と「水」を発生させる。
そしてその「電気」を利用して車を走らせると残るは「水」のみ。つまり燃料電池車は排気ガスが発生せず、出すのは水だけということになるのです。

 

究極のエコカーではありませんか。
しかしこの夢のようなエコカーを普及させるには問題があります。コストがかかるのです。
車体そのものにも膨大な初期投資を必要としますが、水素ステーションの設置にも多額の費用が掛かります。
水素ステーションというのはガソリンスタンドのようなもので、そこで水素を車に補給するのです。
この水素ステーションが各地に設置されないとせっかくの究極のエコカーも普及できません。

 

このような諸々のコストの問題から今はまだ限定販売をするにとどまっています。
それでもトヨタは2014年度内に一般向けに発売すると発表しました。
価格は約700万円になる見込みです。
少し前にホンダの燃料電池車が約1億円したことを考えると、随分安くなった感じがしますね。
ですが700万円も一般の人にはまだまだ高価。
地球環境のためにも燃料電池車の低価格化と早期普及が急がれます。

 

憧れのスーパーカー

スーパーカーブーム全盛の時代、私はカウンタックやフェラーリでなく、当時からポルシェの強烈なファンでした。
ただ、ナローではなくビッグバンパー930ボディの911が大好きでしたね。
しかもターボではなく74カレラ(カレラボディ)が大好きなんです。

 

かつてのスーパーカー(ポルシェ)少年はそのままただの憧れではなく、実際に1999年の秋に1979年式の911SCS(ミツワD車)を購入しました。

 

911は本当に素晴らしいクルマでした。
当時16インチホイール(ミツワ限定SCS標準)や現代にも充分すぎるブレーキ、180PSとは思えない加速、よれない車体、乗りやすく必要なスピードに恐怖感なく到達するパワー、がっちりしたステア感覚、座り心地の良いシートなど、正にスーパーカーでした。

 

ロータスヨーロッパは過去に友人が所有していて今、ベスパ仲間です。
このことは後でわかったのですが凄い縁だと思いました。
時代が変わろうとスーパーカーはスーパーカーですね。

愛車に長く乗る為のコツとは?

車というのは消耗部品の塊のようなもの!これは誰でもわかっている事だと思います。
しかし、そう認識しているからこそあまり大事に乗らないという一面も出てきてしまうものです。
だいぶ乗り続けてきた車であれば愛着が湧く反面、整備が少しずつ粗くなる、このような時がないでしょうか?

 

車を長く乗るのに特別な整備は必要ありません。
むしろ通常行える小さな努力が肝心であり、たとえば「急」のつく走行をしないとか、エンジンオイルは小まめに替えるといったような一般的な事で良いのです。

 

部品というのは基本的に消耗品ですから、どんなに丁寧に運転してもいずれは交換の時期を迎えます。
ですから丁寧に乗る事で部品交換をなくすというのではなく、部品を長持ちさせるというような感覚を持つ事が長く乗り続ける秘訣なのです。

 

また毎日車を乗っていれば、異音などにも気づく事があると思います。
気づいたのなら様子を見ながら走行し、あまり長く続くのならすぐ整備の方に相談してみましょう。
車は基本的なお手入れと丁寧な走行で十分長く乗れるものですから、簡単に実践可能な事から行っていきましょう。

 

仙台市 車買取

丁寧な洗車の方法は準備から始まる

大切な愛車をいつもきれいに保つのは気持ちがよいことですし、車の保護にもなります。
洗車機を使えば簡単なのかもしれませんが、傷がつくかもしれず、お金もかかります。
時間があるならばやはり自分で丁寧に洗車することに勝るものはありません。

 

自宅でできれば一番よいのですが、それが難しいならば洗車場などを探すことが必要になります。
場所が決まったら、洗車の前に濡れてもよい服装、そして長靴を履くならばばっちりです。

 

普通の靴を使って洗車すると、濡れることを嫌がり洗車が丁寧にできなくなってしまうことになりかねないからです。
そしてできるなら脚立も準備したいところです。
手が届くかもしれませんが丁寧な洗車をするには脚立があるとしやすいです。

 

天候や時間帯を考えるのも大切です。
雨が降りそうな時はやめておいた方がよいですし、夜などは汚れが見えないので仕上がりにむらがでてきてしまいます。
明るい日中でワックスなどが乾きやすい時間帯がベストであり、タイミングを考えたいところです。

車の維持について

車を保有することは、とてもお金がかかると思います。

 

少しでもお金をかけることなく、車を維持したいという気持ちは皆さん一緒だと思いますが、ではどのようにして維持費を安くすればいいのでしょうか。

 

車を維持していく中で、意外にお金がかかっているのは整備費用なのです。普段く車を乗っているときに、不具合を感じたときは車の整備会社へ車を持ち込むと思いますが、まずは自分で整備できないかを考えてみましょう。

 

例えば、車のライトの電球が切れた場合、それだけでも整備会社へ交換を依頼するとそれなりにお金がかかってしまうのです。

 

実は、ライトの電球交換などは簡単に自分でできるのです。

 

知識がないゆえに、整備会社へ依頼してしまうのでしゅうから、簡単な作業に関しては自分で知識を持ち自分自身で作業することで格安で済んでしまうのです。

 

全てを整備会社に任せるのではなく、自分でできることは自分で行ってみることこそ、車を維持するお金を少しでも節約できることなのです。

注意が必要な高速道路

西日本中心に高速道路はたくさん走りました。
北海道にも行きました。
そんな中で、この高速道路は危険だと思った道路が二つありました。
一つは、広島県から山口県にかけての中国道です。
あの宝塚やっくんが事故に遭ったルートです。

 

カーブが凄いところがあります。
急なカーブ、曲りが続くところ、そして逆に曲がる所、七曲八折があります。
この道路は事故が起こると思いました。
そして、その辺りの道路は、高速道路とは言えないと思いました。

 

高速道路と思って走ると危険なので、一般国道だと思って走ると丁度良いと思います。
ずっと高速走行は無理な環境です。
先の道路とは危険の内容が違いますが、二つ目は舞鶴若狭自動車道です。
ここは車が少なく、道幅も広く、多くは広々とした山の中で、なかなか良い道路です。
でも途中、急カーブがあったりします。

 

また、北へ向かう道路なので、見ても分からない、思わぬ橋などの凍結があります。落着いて、それなりのスピードで走っていれば問題ないと思いますが、いい道路で走りやすいために、ついスピードを出していると意外に危険な道路だと思いました。
その点、同じく、北へ行く播但道の場合は、雪や積雪時も多いですが、最初から道幅がやや狭く、道路の状況も古く、スピードを出せる道路ではないのが分かるので、運転者は最初から控えめな運転をすると思います。
実際に走ってみてわかる道路状況があります。

 

優しい顔の車といかつい車

最近は怖い顔をしているクルマが多いと思います。
その点、昔はファニーで優しい顔が多かったです。

 

例えば、

 

[ニッサン・フェアレディZ432R]
初代フェアレディZ。円らな瞳がとても可愛いです。
レースのベース車両にはとても見えません。

 

[マツダ・オートザムAZ1]
世にも珍しい軽のミドシップカー。ガルウイングドアを採用。円らな瞳がファニーでした。

 

それに対して、以下はいかつい車。

 

[GM・キャデラック]
旧き良き時代のアメリカ車。角々の口(グリル)に角型ヘッドライトがいかついです。

 

[リンカーン・コンチネンタル]
キャデラックと並ぶ高級車。コンシールドタイプのヘッドライトで無表情なのが怖いです。

 

[シボレー・アストロ]
ご存知、アメリカのミニ(?)バンの元祖。無表情なマスクと、そのサイズが威圧的です。

 

[クライスラー300C]
伝統のヘミヘッドエンジンを搭載。チョップドタイプの低いルーフが特徴。
ゴツい口(グリル)が威圧的です。

 

[プジョーRCZ]
最近のプジョー特有の吊り目が鋭いです。大きな口(グリル)も猛獣的な印象。

各種チェーンと冬用タイヤの使い方

冬になると毎年、雪がよく降り、10~20センチくらいは普通にたびたび積もり、
そして、2〜3年に一度は、膝くらいまで雪が積もる地方での話です。

 

地元の人の話によると、

 

「車のタイヤは、冬用タイヤが必須です。チェーンだけでは難しい。特にプラスチック製のような素材の平たいチェーンはあまり効かない。まずは、冬になったら、必ず冬用タイヤをつけること。それでも間に合わないような状況になったら、冬用タイヤの上から金属のチェーンをつける。これだと効果バッチリ。雪が少し積もると、すぐにこの周辺でも、よく車の事故がおこる。でも地元の人は事故は起こさない。慣れているから。都会からスキーや仕事や用事で来た車が、毎年、事故を起こしている。それは、『これくらいの積り方なら大丈夫だろう』と、軽く見て、冬用タイヤをつけていない車があるからだ。そういう車は交差点で滑って横転したりもする。大型トラックがそうなったときは、丸一日交通がストップするときもある。雪が降る地域へは冬用タイヤで来てほしい。」

 

そういうお話で、とても参考になりました。
その地域のことは、地元の人に聞くのが一番だと改めて思いました。

 

アイスバーンは意外に身近にある

初めてのことでしたが、雪が多くて寒い地域でしばらく過ごしました。
そこで、一般道路だけど、高速道路のように整備されている立派な道を走っていた時のことです。
寒い地域で、雪は積もったけれどすでに溶けて、道路はうっすらした水状態でした。
ただ、何だか走っている音がちょっと違うのです。

 

シャリーンシャリーンというような金属的な感触の音がします。
長年車に乗っているので音の違いはよく分ります。
そして夜でしたが、ライトで照らしている先の道路が黒くて表面が光っているのです。
長年、車に乗り、様々な状況を走っているけれど、
雪解けの水があるとはいえ、こんな黒い色をした道路は初めて見ました。

 

その道路も、雨の日の昼間も夜も、何度も走っているのですが、その黒い色は見たことがなく、不思議でした。
同乗者に「道が黒くて光っているね。」と言いながら走りました。
その時は何気なく走りましたが、あとで、ネットで、雪対策のことを調べていて、
いろいろな画像を見ていて発見しました。

 

あの光る黒い道路はアイスバーン状態だったのです。
そしてあのシャリーンというタイヤの音も納得しました。
表面が水だけでも、また気温が4度くらいでもアイスバーンはある。
そのことを知り、それ以降は、かなり気を付けて走ることにしました。