車の役立つ知恵

クーラーを使用して出来るだけ燃費を軽減する方法

今は暑い夏の時期なので、車を運転するにもクーラーを使用する機会が増える事と思います。
しかし、クーラーを使用すると、やはり気になるのがガソリンの燃費です。特に今はガソリン代高騰の時代なので、頭を悩ます方も多いのではないでしょうか。
そんな時に、たとえ少しでも燃費を軽減する方法があると聞いたので、ここに紹介したいと思います。

 

まず、車に乗る前に10〜20分ほど全てのドアを開けておいて、中にこもった熱い空気を逃がします。車内の温度が異常に上がった状態でクーラーを入れても効かないし、早く冷やそうとして温度を下げればそれだけ燃費がかかってしまいます。
発車してもすぐにはクーラーのスイッチを入れず、しばらくは窓を開けるなどして外の風が車内に流れるようにします。

 

水温計を確認して、いつもの位置に水温が上がったところで全部の窓を閉めてクーラーのスイッチを入れます。水温計が上がっていない状態でクーラーを使用すると、結局は水温計が上がるまでは暖かい空気しか出てこないし、エンジンの回転も上がってしまうそうです。
以上の方法で使用すれば、たとえ少しでもガソリンの燃費を軽減する事が出来ます。特に車に乗る前に少しでも車内の温度を下げておくと、それだけでもガソリンの消費を防ぐ事が出来る様なので、一度試してみてはいかがでしょうか。

究極のエコカー

エコカーと言えばハイブリッド車、電気自動車などが思い浮かびますが、次世代自動車として期待されているものの中に燃料電池車というものがあります。
水素を燃料にしたもので、空気中の酸素と反応して発電することで車を走らせます。
理科の授業で水の電気分解の実験をしたこと、覚えている人も多いでしょう。

 

あれは「水」に「電気」を与えることで水が「水素」と「酸素」に分かれるという実験です。
そして燃料電池車はその逆を利用しているのです。「水素」と「酸素」を反応させることで「電気」と「水」を発生させる。
そしてその「電気」を利用して車を走らせると残るは「水」のみ。つまり燃料電池車は排気ガスが発生せず、出すのは水だけということになるのです。

 

究極のエコカーではありませんか。
しかしこの夢のようなエコカーを普及させるには問題があります。コストがかかるのです。
車体そのものにも膨大な初期投資を必要としますが、水素ステーションの設置にも多額の費用が掛かります。
水素ステーションというのはガソリンスタンドのようなもので、そこで水素を車に補給するのです。
この水素ステーションが各地に設置されないとせっかくの究極のエコカーも普及できません。

 

このような諸々のコストの問題から今はまだ限定販売をするにとどまっています。
それでもトヨタは2014年度内に一般向けに発売すると発表しました。
価格は約700万円になる見込みです。
少し前にホンダの燃料電池車が約1億円したことを考えると、随分安くなった感じがしますね。
ですが700万円も一般の人にはまだまだ高価。
地球環境のためにも燃料電池車の低価格化と早期普及が急がれます。

 

憧れのスーパーカー

スーパーカーブーム全盛の時代、私はカウンタックやフェラーリでなく、当時からポルシェの強烈なファンでした。
ただ、ナローではなくビッグバンパー930ボディの911が大好きでしたね。
しかもターボではなく74カレラ(カレラボディ)が大好きなんです。

 

かつてのスーパーカー(ポルシェ)少年はそのままただの憧れではなく、実際に1999年の秋に1979年式の911SCS(ミツワD車)を購入しました。

 

911は本当に素晴らしいクルマでした。
当時16インチホイール(ミツワ限定SCS標準)や現代にも充分すぎるブレーキ、180PSとは思えない加速、よれない車体、乗りやすく必要なスピードに恐怖感なく到達するパワー、がっちりしたステア感覚、座り心地の良いシートなど、正にスーパーカーでした。

 

ロータスヨーロッパは過去に友人が所有していて今、ベスパ仲間です。
このことは後でわかったのですが凄い縁だと思いました。
時代が変わろうとスーパーカーはスーパーカーですね。

愛車に長く乗る為のコツとは?

車というのは消耗部品の塊のようなもの!これは誰でもわかっている事だと思います。
しかし、そう認識しているからこそあまり大事に乗らないという一面も出てきてしまうものです。
だいぶ乗り続けてきた車であれば愛着が湧く反面、整備が少しずつ粗くなる、このような時がないでしょうか?

 

車を長く乗るのに特別な整備は必要ありません。
むしろ通常行える小さな努力が肝心であり、たとえば「急」のつく走行をしないとか、エンジンオイルは小まめに替えるといったような一般的な事で良いのです。

 

部品というのは基本的に消耗品ですから、どんなに丁寧に運転してもいずれは交換の時期を迎えます。
ですから丁寧に乗る事で部品交換をなくすというのではなく、部品を長持ちさせるというような感覚を持つ事が長く乗り続ける秘訣なのです。

 

また毎日車を乗っていれば、異音などにも気づく事があると思います。
気づいたのなら様子を見ながら走行し、あまり長く続くのならすぐ整備の方に相談してみましょう。
車は基本的なお手入れと丁寧な走行で十分長く乗れるものですから、簡単に実践可能な事から行っていきましょう。

 

仙台市 車買取

丁寧な洗車の方法は準備から始まる

大切な愛車をいつもきれいに保つのは気持ちがよいことですし、車の保護にもなります。
洗車機を使えば簡単なのかもしれませんが、傷がつくかもしれず、お金もかかります。
時間があるならばやはり自分で丁寧に洗車することに勝るものはありません。

 

自宅でできれば一番よいのですが、それが難しいならば洗車場などを探すことが必要になります。
場所が決まったら、洗車の前に濡れてもよい服装、そして長靴を履くならばばっちりです。

 

普通の靴を使って洗車すると、濡れることを嫌がり洗車が丁寧にできなくなってしまうことになりかねないからです。
そしてできるなら脚立も準備したいところです。
手が届くかもしれませんが丁寧な洗車をするには脚立があるとしやすいです。

 

天候や時間帯を考えるのも大切です。
雨が降りそうな時はやめておいた方がよいですし、夜などは汚れが見えないので仕上がりにむらがでてきてしまいます。
明るい日中でワックスなどが乾きやすい時間帯がベストであり、タイミングを考えたいところです。